大川社労士事務所は、横浜市中区、神奈川、東京、を中心に活動しております。

就業規則、労務管理、助成金、給与計算、社会保険業務をトータルサポート

大川社労士事務所・CLIP合同会社

231-0062神奈川県横浜市中区桜木町2-2 港陽ビル4階

045-550-3156

営業時間

9:00~18:00(土日祝を除く)

お気軽にお問合せください

固定残業代制を考察してみました。

固定残業代制を考察してみました【2021.6更新

今回は、残業代の支払方法の一つである「固定残業代制」について、お伝えさせて頂きます。

固定残業代制とは

「固定残業代制」とは、時間外・休日・深夜労働に対する割増賃金を支払う代わりに、定額の残業代を支払う制度をいいます。

労働基準法は、時間外労働に対して割増賃金を支払うことを義務づけているにとどまり、支払方法について規定をしていません。そのため、法所定の割増賃金に変えて残業代を毎月固定で支払うことも、労働基準法の計算方法による割増賃金額を下回らない限りは適法であるといわれています。

なお、固定残業代を支払えば、それ以上の残業代を支払わなくてよいわけではなく、実際の残業時間が固定残業代に相当する時間を超えるのであれば、その差額の残業代の支払いは必要になります。

固定残業代制の有効要件

近時の最高裁判決等から読み取れる、固定残業代制の要件は、以下の4つです。

① 固定支払の合意の存在

② 通常の労働時間の賃金に当たる部分と割増賃金に相当する部分とが
  明確に区分されていること(明確区分性)

③ 固定残業代が割増賃金の対価として支払われていること(対価要件)

④ 労基法所定の計算方法との差額支払の清算規定の存在及びその実態

① 固定支払の合意の存在

固定残業代制として、一定額の残業代を支払う旨を就業規則や労働契約書に記載し、従業員の合意を得ることが要件になります。

また、1ヵ月あたり何時間分の固定残業代を支払うかという問題がありますが、法令上、時間外労働の上限が原則として1ヶ月当たり45時間となっています。また、45時間を超える固定残業代を無効とした裁判例が存在します。

このような背景事情のもと、固定残業代として支払う残業時間については、45時間以内に設定することが望ましいと考えられます。

② 明確区分性

最高裁判例は、固定残業代制の有効要件として、通常の労働時間に対する賃金と割増賃金が明確に区分できることを要求しています。

これは、両者を明確に区分できなければ、割増賃金相当部分が法定額を満たすか否かを判断することできず、長時間労働の抑制を趣旨とする労基法の規制を潜脱することになるためです。

そこで、明確区分性の要件を充足させるためには、固定残業代を基本給に組み入れるのではなく、独立した(固定残業)手当とした上で、かつ手当の全額が固定残業代であるとするのが適切です。

③ 対価要件

対価要件とは、固定残業代が、実際に時間外・休日・深夜労働に対する対価としての支払われていることが必要と言われています。

固定残業代が、労基法に準拠した計算方法により支給されているか、また、その手当の趣旨もポイントになってきます。

④ 差額支払の清算規定の存在及び実態

固定残業代制は、労基法に定める計算方法による割増賃金を支払う代わりに、一定額の残業代を支払う制度ですので、固定残業手当が、実際の計算による割増賃金額を下回る場合に、その差額を支払うのは当然です。

労働時間を把握せず、差額の計算すらしていないと、そもそも割増賃金支払いの意思があったのかという点に疑義が生じ、固定残業代制が否定される可能性があります。

したがって、固定残業代制を採用する場合には、就業規則等において、差額支払の合意に関する規定は確認的に入れておき、実態として差額を支払うことが適切です。

また、必然的にタイムカード等で従業員の労働時間の管理をすることがが不可欠となります。

最後に

「固定残業代制」のメリットとして、給与条件を高く見せることができる、残業単価を低く抑えられる、給与計算の簡略化などがあげられます。

一方で、会社によっては、固定残業代を上回る時間外労働が発生しても差額分を支給しなかったり、従業員の長時間労働を助長するという側面もあります。

このような背景事業のもと、固定残業代制の有効性について厳しい司法判断が続いています。

従業員から未払い残業代請求をされ、固定残業代制が否定された場合は、固定残業代相当額が割増賃金の算定基礎に組み入れられたうえで、割増賃金を全額支払わなければならないという負担を強いられます。

このようなリスクを回避するために、固定残業代制を適切な形に整備することが実務上重要になってきます。

お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

045-550-3156

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)